うつ病とは

うつ病とは

うつ病とはのイメージ

うつ病は特別な人にだけ発症する病気ではありません。
普通に生活している誰もが発症する可能性のある病気で、気分が落ち込むことで、生きる気力が減少するとうつ病が発症し、身体に様々な不調があらわれます。

現代社会では、日本人の5人に1人が、生涯で一度はうつ病を経験する時代と言われていますが、その中でも専門的な治療を受けている方はごく僅かです。
大半の方は症状に気付くこともなく、放置している状態なのです。

うつ病が発症すると、心身のエネルギーが低下するため、抵抗力が低下してしまいます。
そのため様々な病気にかかりやすくなってしまったり、更に病気を悪化させることにも繋がります。
進行が進むことで症状が重くなってくると、自殺の恐れもあり、非常に危険な状態になります。

・過労等のストレス状態が一定期間続いている。
・心配事が思うように解決しない。
・孤独感や孤立感を強く感じている。
・将来への希望が見出せないと感じている。

上記の様な傾向は、うつ病のサインなので注意が必要です。

うつ病は早期治療が大事

うつ病は早期治療が大事のイメージ

うつ状態が1週間以上続き、ネガティブな思考ばかりが先行したり、仕事に集中できず能率が極端に低下したり、物事の決定や実行ができなくなったりして来ると、日常生活に支障が出てきます。
このような状態のことをうつ病といいます。

うつ病は精神面、身体面に様々な症状があらわれ、以前はそれぞれの症状に基づき「身体因性うつ病」「心因性うつ病」「内因性うつ病」と3つに分類されていましたが、昨今では症状の程度と持続期間による分類が一般的になってきました。
一般的にもうつ病に対する知識や理解は広まってきていますが、それでも実際にうつに悩んでいる方は、単なる甘えだと誤解されたり、本人が病気と気づいていないため、適切な治療を受けずに放置しているケースも多いのです。
うつ病で病院に通ったり、カウンセラーに相談したりすることは決して恥ずかしいことではありません。
最初の一歩を踏み出す勇気こそが、その後の人生を大きく左右するのは間違いありません。

うつ病はしっかりと治療すれば、必ず治る病気です。 正しい知識をもち、適切な治療を受けましょう。
うつ病の原因と症状
うつ病の改善方法と流れ
うつ病のセルフチェック診断